05.08-411/喜び悲しみ(高見順)
03.16-410/ふるさとの川(八木重吉)
03.14-409/見えないもの(金子みすゞ)
03.07-408/沖縄風景(山之口獏)
03.06-407/オレのオヤジ(ろんす)
01.29-406/一滴の空(そらみみ)
01.13-405/光-ひかりとあそびたい(八木重吉)
01.13-404/母をおもふ(八木重吉)
01.12-403/母の瞳(八木重吉)
01.11-402/妻よ…(八木重吉)
01.08-401/鳥がだまって…(尾崎放哉)
01.08-400/夢の中に放哉(ろんす)
01.08-399/寒さころがる…(尾崎放哉)
01.06-398/口あけぬ蜆…(尾崎放哉)
01.06-397/咳をしても一人(尾崎放哉)
01.06-396/犬をかかへた…(尾崎放哉)
01.06-395/大空のました…(尾崎放哉)
01.06-394/わが足の格好の…(尾崎放哉)
01.06-393/障子しめきって…(尾崎放哉)
01.06-392/赤いたすきを…(尾崎放哉)
2004

12.21-391/天(高見順)
12.20-390/忍耐(高見順)
12.18-389/そういう笑いに…(高見順)
12.16-388/光(十二)(高見順)
12.13-387/われは草なり(高見順)
12.12-386/あるいっとき(高見順)
12.12-385/蜂(高見順)
12.12-384/奇怪な腐敗(高見順)
12.10-383/鏡(高見順)
12.03-382/おなじく(月)(山村暮鳥)
12.03-381/目の前の…(石川啄木)
12.02-380/手も足も…(石川啄木)
12.02-379/何となく…(石川啄木)
11.30-378/ちくわの作意(そらみみ)
11.18-377/さんかく(そらみみ)
11.02-376/わたしと小鳥とすずと(金子みすゞ)
10.26-375/草の名(金子みすゞ)
10.07-374/世はさまざま(山之口獏)
10.02-373/この頃は…(万葉集・狭野茅上娘子)
09.26-372/難波人…(万葉集・作者不詳)
09.23-371/月草の…(万葉集・大伴坂上家之大娘)
09.21-370/見わたしの…(万葉集・柿本人麻呂)
09.20-369/青山を…(万葉集・大伴坂上郎女)
09.19-368/ふりさけて…(万葉集・大伴家持)
09.16-367/初秋(八木重吉)
09.15-366/夕陽(八木重吉)
09.10-365/ふとい幹に…(八木重吉)
09.09-364/秋(八木重吉)
09.08-363/秋の空(八木重吉)
07.22-362/あらゆる…(八木重吉)
06.20-361/おもしろき…(高杉晋作)
05.01-360/友情への感謝(鴫原一穂)
04.28-359/一本の…(山村暮鳥)
04.21-358/せんべい(八木重吉)
04.20-357/雲(八木重吉)
02.28-356/大木をたたく(八木重吉)
01.29-355/飯(八木重吉)
2003

12.11-354/3150円 消費税込み(ろんす)
11.19-353/力抜山兮気蓋世…(項羽)
9.22-352/A SONG FOR…(Leon Russell)
8.26-351/ぼろぼろな駝鳥(高村光太郎)
8.18-350/うそのことばだ…(八木重吉)
7.24-349/ひょっとして…(八木重吉)
7.23-348/瞳(八木重吉)
7.21-347/いやにすました…(八木重吉)
7.6-346/むやむやと…(八木重吉)
7.3-345/はらがへったとき…(八木重吉)
6.25-344/拳(石川啄木)
6.24-343/ふるさとの…(石川啄木)
6.22-342/旅七日…(石川啄木)
6.21-341/ふるさとに入りて…(石川啄木)
6.20-340/何かひとつ…(石川啄木)
6.19-339/考へれば…(石川啄木)
6.17-338/洗骨(ふう)
6.17-337/雨(ふう)
6.10-336/頭をかかえる宇宙人(山之口獏)
6.9-335/星とたんぽぽ(金子みすゞ)
6.8-334/さびしいとき(金子みすゞ)
6.4-333/ごめんね(Akipara)
5.26-332/じぶんが…(八木重吉)
5.25-331/てんにいます…(八木重吉)
5.24-330/ずいぶんひろい…(八木重吉)
5.22-329/水や草は…(八木重吉)
5.13-328/豚(ろんす)
5.9-327/棹さして…(ろんす)
5.5-326/憩(やす)らひ(立原道造)
4.27-325/夢見たものは‥‥(立原道造)
4.22-324/わかれる昼に(立原道造)
4.19-323/朝やけ(立原道造)
4.16-322/アイシテル(ろんす)
4.13-321/仕事に追われる時に…(ろんす)
4.7-320/寝てゐる人間について(山村暮鳥)
4.6-319/其処に何がある(山村暮鳥)
4.1-318/散る桜(ろんす.うおP)
3.26-317/おおぞらの こころ(八木重吉)
3.24-316/ちってゆくのを…(八木重吉)
3.18-315/ちさい流れ(八木重吉)
3.15-314/すこし したばらの…(八木重吉)
3.13-313/葉(八木重吉)
3.12-312/人間(八木重吉)
3.11-311/春(八木重吉)
3.8-310/貫ぬく 光(八木重吉)
3.5-309/ほんとうをいへば(八木重吉)
3.1-308/梅(八木重吉)
2.27-307/ある時(八木重吉)
2.25-306/小石(八木重吉)
2.22-305/どきん、どっきん、…(八木重吉)
2.17-304/おほきな沼をみた…(八木重吉)
2.16-303/茄子をくわう(八木重吉)
2.15-302/読経(山村暮鳥)
2.14-301/春の河(山村暮鳥)
2.12-300/キリストに与へる詩(山村暮鳥)
2.11-299/薔薇二曲ノ一(北原白秋)
2.8-298/夜の詩(山村暮鳥)
2.6-297/すずめのかあさん(金子みすヾ)
2.6-296/海とかもめ(金子みすヾ)
2.5-295/不思議(金子みすヾ)
2.1-294/花がふってくると思う(八木重吉)
1.29-293/ないたとて…(八木重吉)
1.27-292/知らなきゃ良かった(ろんす)
1.26-291/ぼくたちふたり(A.A.ミルン)
1.25-290/いい子(A.A.ミルン)
1.21-289/ひとりぼっち(A.A.ミルン)
1.18-288/日曜日(英妃)
1.16-287/旅上(萩原朔太郎)
1.15-286/あかんぼが…(八木重吉)
1.7-285/日記(室生犀星)
1.3-284/静々と…(my母)
2002


12.24-283/信仰(八木重吉)
12.22-282/頌栄(八木重吉)
12.15-281/みのり(岡林信康)
12.11-280/ゆうぐれ…(八木重吉)
12.10-279/わたしは…(八木重吉)
12.9-278/じぶんが…(八木重吉)
11.26-277/誕生日(鴫原一穂)
11.15-276/東の野にかぎろひの…(万葉集)
11.9-275/祖母(三好達治)
11.2-274/ある時(八木重吉)
10.27-273/ひょっとして…(八木重吉)
10.22-272/空に雲が…(八木重吉)
10.17-271/瞳(八木重吉)
10.9-270/妻よ…(八木重吉)
10.9-269/もの足らぬ…(八木重吉)
10.7-268/夕陽(八木重吉)
10.3-267/何だか…(八木重吉)
10.2-266/ある日(八木重吉)
10.1-265/赤とんぼ(八木重吉)
9.30-264/雲(八木重吉)
9.24-263/木とものの音(八木重吉)
9.23-262/風景はちっと…(八木重吉)
9.21-261/わたしはわるい人間(八木重吉)
9.20-260/色はきらきらと(八木重吉)
9.15-259/響(八木重吉)
9.14-258/障子(八木重吉)
9.13-257/木(八木重吉)
9.10-256/果物(八木重吉)
9.7-255/秋(八木重吉)
9.4-254/秋の日のこころ(八木重吉)
9.1-253/秋の壁(八木重吉)
8.28-252/白い雲(八木重吉)
8.25-251/毛虫をうずめる(八木重吉)
8.24-250/つばねの穂(八木重吉)
8.22-249/静かな焔(八木重吉)
8.21-248/丘をよじる(八木重吉)
8.16-247/心よ(八木重吉)
8.14-246/おおぞらの こころ(八木重吉)
8.13-245/かなしみのせかいをば(八木重吉)
8.12-244/川をかんがえると…(八木重吉)
8.10-243/送元二使安西(王維)
8.9-242/鹿柴(王維)
8.7-241/安らかに…(広島平和公園)
8.4-240/初夏の日なか(草野天平)
8.1-239/真昼(草野天平)
7.25-238/みどりを拝む(室生犀星)
7.24-237/靴下(室生犀星)
7.23-236/蝉頃(室生犀星)
7.18-235/いいゆうやけだ…(八木重吉)
7.16-234/炭(山之口獏)
7.13-233/深夜(山之口獏)
7.11-232/この浦に(三好達治)
7.4-231/泣き出したいあなたを(ろんす)
7.2-230/電車の中で(ろんす)
6.29-229/火と藍????(中江俊夫)
6.27-228/やすらかな…(八木重吉)
6.24-227/水たまり(八木重吉)
6.22-226/雨(八木重吉)
6.21-225/雨(八木重吉)
6.20-224/天気(八木重吉)
6.18-223/色はなぜ…(八木重吉)
6.16-222/ある日(八木重吉)
6.13-221/雨(八木重吉)
6.11-220/日の丸を…(大道寺将司)
6.9-219/遅咲きを…(大道寺将司)
6.5-218/啓蟄や…(大道寺将司)
5.29-217/生きる先々(山之口獏)
5.29-216/座蒲団(山之口獏)
5.25-215/あの浪の音は…(八木重吉)
5.24-214/雨-雨がぽしゃぽしゃ(八木重吉)
5.23-213/心よ(八木重吉)
5.22-212/かなしみ(八木重吉)
5.20-211/空が凝視ている(八木重吉)
5.19-210/花(花はなぜ…)(八木重吉)
5.18-209/今さらに…(作者不詳)
5.17-208/明日よりは…(作者不詳)
5.16-207/来むといふも(大伴坂上郎女)
5.14-206/ボクがキミの手を引こう(ろんす)
5.6-205/従軍慰安婦だったあなたへ(井上俊夫)
5.4-204/さりげなく言ひ…(石川啄木)
5.2-203/まれにある…(石川啄木)
5.1-202/ママ(田中大輔)
4.30-201/海辺の恋(佐藤春夫)
4.25-200/登美子...(八木重吉)
4.22-199/愛犬(ろんす)
4.20-198/頑是ない歌(中原中也)
4.16-197/さくら(酒井健司)
4.15-196/丁度よい(藤場美津路)
4.14-195/なんばんめ(熊田亘)
4.13-194/結婚(新川和江)
4.12-193/わたしのあさはかさ…(八木重吉)
4.11-192/木のえだを切ると…(八木重吉)
4.9-191/断章-のみを一匹…(八木重吉)
4.8-190/あかつちの…(八木重吉)
4.7-189/貫ぬく 光(八木重吉)
4.6-188/玉(八木重吉)
4.5-187/春になりて…(八木重吉)
4.4-186/「それならば死は」(八木重吉)
4.1-185/もはや死を…(宗左近)
3.30-184/草をむしる(八木重吉)
3.29-183/死は神である…(八木重吉)
3.28-182/憎しみ(八木重吉)
3.25-181/なぜ神様は…(八木重吉)
3.25-180/豚(八木重吉)
3.24-179/豚(千家元麿)
3.21-178/時差(高橋新吉)
3.20-177/時間(高橋新吉)
3.17-176/朝(高村元三)
3.16-175/旅(高村元三)
3.15-174/来意(山之口獏)
3.12-173/酔漢談義(山之口獏)
3.11-172/桃の花(山之口獏)
3.10-171/天(山之口獏)
3.9-170/春の海…(与謝蕪村)
3.7-169/梅一輪…(服部嵐雪)
3.6-168/東風吹かば…(菅原道真)
3.6-167/梅(八木重吉)
3.4-166/ひびいてゆこう(八木重吉)
3.3-165/春(八木重吉)
3.2-164/春(金子光晴)
3.1-163/風景-純銀もざいく-(山村暮鳥)
2.28-162/春の岬(三好達治)
2.27-161/うつくしいもの(八木重吉)
2.26-160/人を 殺さば(八木重吉)
2.25-159/美しい 夢(八木重吉)
2.24-158/貫ぬく光(八木重吉)
2.23-157/白い枝(八木重吉)
2.22-156/秋の瞳・序(八木重吉)
2.21-155/ほんとうにかんげきが…(八木重吉)
2.20-154/この飯が無ければ…(八木重吉)
2.19-153/怒るときは…(八木重吉)
2.18-152/くさの めが…(八木重吉)
2.17-151/幸をゆめみるひと…(八木重吉)
2.16-150/こころに…(八木重吉)
2.15-149/さびしき日あり(八木重吉)
2.14-148/百年!(八木重吉)
2.13-147/私はくるしい…(八木重吉)
2.12-146/光(八木重吉)
2.11-145/登美子…(八木重吉)
2.10-144/木(八木重吉)
2.9-143/此の室(八木重吉)
2.8-142/ふるさとにて(山村暮鳥)
2.7-141/ある時(山村暮鳥)
2.6-140/手(山村暮鳥)
2.5-139/鏡とり(石川啄木)
2.4-138/夕焼(八木重吉)
2.3-137/空と光(八木重吉)
2.2-136/草をむしる(八木重吉)
2.1-135/日をゆびさしたい(八木重吉)
01.31-134夜の(矢沢宰)
01.30-133おしえて下さい(矢沢宰)
01.29-132俺は?(矢沢宰)
01.27-131風が(矢沢宰)
01.26-130のちのおもひに(立原道造)
01.25-129ひとり林に…(立原道造)
01.24-128追憶から(鴫原一穂)
01.23-127宿酔(中原中也)
01.22-126骨(中原中也)
01.20-125垢じみし…(石川啄木)
01.20-124草に臥て…(石川啄木)
01.18-123ぼくはしなない(岡真史)
01.17-122夕ぐれ(岡真史)
01.16-121雨(Saya)
01.15-120透明(Saya)
01.15-119永遠(Saya)
01.11-118胸の底が(高橋元吉)
01.10-117岬(山之口獏)
01.09-116地面の底の病気の顔(萩原朔太郎)
01.08-115竹(萩原朔太郎)
01.07-114蛙の死(萩原朔太郎)
01.06-113ぐりまの死(草野心平)
01.05-112希求(鴫原一穂)
01.04-111すべてものの…(八木重吉)
01.04-110冬(八木重吉)
2001

12.31-109母の顔(八木重吉)
12.30-108雪について(山村暮鳥)
12.29-107幸福(山村暮鳥)
12.28-106途上所見(山村暮鳥)
12.26-105いのり(山村暮鳥)
12.25-104頌栄(八木重吉)
12.24-103クリスマス・プレゼント(新美南吉)
12.22-102重量喪失(高見順)
12.21-101天の声(高見順)
12.19-100雨の言葉(立原道造)
12.19-099曇天(高見順)
12.18-098ア、ロ、ハ、オ、エ、(金子光晴)
12.16-097妻の死(草野天平)
12.15-096さようなら...(草野天平)
12.14-095独り坐って(草野天平)
12.13-094真昼(草野天平)
12.11-093夜明け(草野天平)
12.10-092一本の冬木のやうに(高橋元吉)
12.9-091桐の葉に(高橋元吉)
12.8-090黙ってゐる蝉(中川一政)
12.7-089毛布(中川一政)
12.6-088歳末抒情(鴫原一穂)
12.5-087幼年(鴫原一穂)
12.3-086土産(鴫原一穂)
12.1-085壷に寄す(鴫原一穂)
11.30-084すこしばかり…(八木重吉)
11.29-083赤い寝衣(八木重吉)
11.29-082病気(八木重吉)
11.27-081夕焼(八木重吉)
11.27-080にがいものが..(八木重吉)
11.24-079林芙美子へ(小熊秀雄)
11.22-078しやべり捲くれ(小熊秀雄)
11.20-077ゴルフリンク(小熊秀雄)
11.19-076地球の中に…(小熊秀雄)
11.18-075世界の力(小熊秀雄)
11.16-074大人とは何だらう(小熊秀雄)
11.15-073皎皎とのぼって…(八木重吉)
11.15-072秋のかなしみ(八木重吉)
11.11-071花がふって…(八木重吉)
11.09-070 庭で(二)草の三(高見順)
11.08-069 執着(高見順)
11.07-068 愚かな涙(高見順)
11.06-067 小石(高見順)
11.05-066 青春の健在(高見順)
11.04-065 帰る旅(高見順)
11.03-064 汽車は二度と来ない(高見順)
11.01-063 みつめる(高見順)
10.30-062街道(三好達治)
10.29-061乳母車(三好達治)
10.28-060あおい 水のかげ(八木重吉)
10.28-059追憶(八木重吉)
10.26-058ただほりかえして..(八木重吉)
10.24-057無造作な雲(八木重吉)
10.23-056草の中に...(種田山頭火)
10.22-055あの雲が...(種田山頭火)
10.22-054まっすぐな道で...(種田山頭火)
10.20-053朝寝髪...(作者不詳)
10.20-052たらちねの母に..(作者不詳)
10.18-051たぬき(山之口獏)
10.16-050喪のある景色(山之口獏)
10.15-049たねあかし(山之口獏)
10.14-048湯気(山之口獏)
10.14-047夜の時(大手拓次)
10.12-046作品八八二(鴫原一穂)
10.11-045風邪きみだといふ妻に(鴫原一穂)
10.10-044花(八木重吉)
10.09-043結縁の日…(高橋元吉)
10.05-042傷心(高橋元吉)
10.04-041又或時(高橋元吉)
10.03-040小学校の先生(千家元麿)
10.02-039八月のそら..(稲尾節)
10.01-038軒先に..(友村郁)
09.30-037舌だして..(友村郁)
09.29-036星を聴く(山村暮鳥)
09.27-035おなじく-ある時-(山村暮鳥)
09.27-034ある時(山村暮鳥)
09.26-033雑草(山村暮鳥)
09.25-032相見ねば…(若山牧水)
09.23-031山を見よ…(若山牧水)
09.21-030かよわい花(三好達治)
09.20-029花(八木重吉)
09.19-028虫(八木重吉)
09.18-027素朴な琴(八木重吉)
09.17-026このひと(室生犀星)
09.16-025女人に対する言葉(室生犀星)
09.15-024われしだいに…(八木重吉)
09.15-023おさない日(八木重吉)
09.14-022ああちゃん(八木重吉)
09.13-021鼻(山之口獏)
09.12-020愛情(立原道造)
09.11-019武蔵野の夕暮(草野天平)
09.10-018月夜の浜辺(中原中也)
09.09-017顔あかめ…(石川啄木)
09.08-016星よ(千家元麿)
09.07-015櫛(千家元麿)
09.06-014 峭寒ノ天(鴫原一穂)
09.05-013 高梁日記(鴫原一穂)
09.03-012 はなしあはなくても(鴫原一穂)
09.02-011 捨つるにあたわず(八木重吉)
09.02-010 大木をたたく(八木重吉)
09.02-009 空を指す梢(八木重吉)
09.02-008 ほそいがらす(八木重吉)
09.02-007 おばあさん…(八木重吉)
09.01-006 妹へおくる手紙(山之口獏)
09.01-005 雲(山村暮鳥)
08.30-004 喫茶の詩(山村暮鳥)
08.30-003 風をだに…(鏡王女)
08.27-002 息を殺せ(八木重吉)
08.27-001 金魚(八木重吉)
07.25-00 他国は…(万葉集)
07.25-0 やはらかに…(石川啄木)
2000